まとまらないブログ

ITと車とランチ

*

【ぼやき】モチベーション

   

プログラマやSE歴が10年以上ある私ですが、ふと感じたことをぼやきます。なんら根拠のない戯言なので、読む価値はあまりありません。

とある職場で「モチベーション」という言葉が妙に流行っていた時期がありました。どうやら、仕事に取り組むときに、この魔法の言葉であるモチベーションがあるとないとで、仕事の効率や精度に影響がでると感じている様子。そもそも、モチベーションって何だろう?

https://kotobank.jp/word/%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-179319
モチベーションとは、人が行動を起こすときの原因、すなわち動機を意味する。組織の中では仕事への意欲を指し、意欲を持つことや引きだすことを動機づけと呼んでいる。 モチベーションが、個々人の意識に関する概念であるのに対し、モラールとは集団的な感情や意識に対して使われる概念といえる。

つまり、モチベーションを高めないと、仕事できねぇよって言いたいわけですね。でもこれ個人的には賛成しかねるというか。趣味ならまだしも、仕事ですよ、仕事。やる気があるとかないとか、動機とか関係ないんですよ。何もしなくても納期はやってくるわけで。なのに、見ていると「モチベーションを高める」ためのミーティングや、そこででた意見の取り組みとかやってる。別にそれをやめろ!とか言わないけど、そんな時間あったら仕事しろよって思うのは私だけなのか!?
そもそも仕事の原動力、起点は、「やるべきことを自分が納得できる品質以上で、効率よく達成する」であると考えている。自分が納得できる品質ってのが重要で、これがないと向上心が望めない。プログラマだからって、過去のソースをコピペして過ごす日々じゃ何ら成長しない。とりまく環境も変化するなかで現状維持は退化だと思わないとね。
てことで、自ら掲げる目標を達成するという強い意思こそが原動力であり、他人に認められたい(褒められたい)と思う以上に、自己満足の世界へと踏み込むことが重要なんじゃないかと。

で、仕事できない人ほど、ルールを作ったり、標準化を求めたがる傾向にある。標準化は聞こえはいいけど、仕事できない人向けに、仕事できる人が合わせるという、いわば足かせであることを自覚しないといけない。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

最近、ブログの更新頻度が遅れて、いつ食べたかわからない写真で書き始めると、味とか記憶が曖昧になるんですよ。なんでこうなるかって。なんだろ、更新するモチベーションが足りないんですよね。だから、写真を撮ったら3日以内にブログを更新するようにしようと思います。

.
.
.
.
.

ね、めっちゃダメなやつの言葉に聞こえるよね(反省中)

 - ぼやき

ad(pc)

ad(pc)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
【猫】脱出を試みる

明日の旅行に備えてあれこれする通勤改速です。 よし、あれもってこー バッグに入れ …